金沢大学ぷよぷよサークル

金沢大学ぷよぷよサークルのブログです。 参加方法、対戦会などの情報を掲載しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪崩 ~実戦で使える3列連鎖尾~

こんにちは、サークル員のTobyです。
今回は、僕が一番大好きな雪崩連鎖尾についてご紹介します!
 


雪崩は3列連鎖尾の中で最も使われている連鎖尾だと思います。ここでは、左上のような形を雪崩の基本形と呼ぶことにします。
雪崩は端から2-1-1とぷよを設置することで次々と消えていく連鎖尾です。雪崩についてもっと詳しく知りたい方はぷよさーのOBであるぽむむさんが以前ブログ内で書かれた記事をごらんください!(→ぷよぷよ講座)そのため端の列が高くなりやすい=第二折りが組みやすいというメリットがあります。
上の図を見ると分かるように雪崩を入れすぎると端がどんどん高くなって組みづらくなるため、基本的には雪崩の連鎖尾は右上図の黄色のL字くらい(基本形+1)までに抑えておくとよいでしょう。

~逆発火~
  

 雪崩は連鎖尾の上部が3連結で露出するため、逆発火を簡単に狙うことができます。対応手や追い打ちの材料や緊急発火など、使用する場面はとても多いので、慣れてきたら逆発火も意識するとよいと思います。

~雪崩応用~


雪崩のL字の3連結を利用して、連鎖尾をそのまま第2折り返しとして使用することもできます。第二折りを隙をあまり作らずに作れるため、積極的に狙っていきましょう。

 


普通の雪崩に慣れてきたら上図のような応用形も使えるようにしておくと強いと思います。
コツは段差ずれが起こる消え方をさせる場所を意識することと、段差ずれが起きた後の形を意識しながら積むことだと思います。

~伸ばし~
雪崩は段差ずれが非常に見やすいため、連鎖尾伸ばしのしやすさも抜群です。ポイントは一段ずれるような形で端の2列に縦3や縦2を積むことです。消えるときに、一段下がるのは基本形の場合は端から2列目です。一方基本形+1の場合は一番端の列が一段下がります
混同しやすいので絶対に覚えておきましょう。
   

以上雪崩連鎖尾の紹介でした!
スポンサーサイト
  1. 2016/05/07(土) 19:24:44|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全消し講座第四回 三手目が青黄だった場合、6手目の赤ゾロ

今回は三手目に黄色が来た場合の話をします。

4-1.png

こういう状況ですね。

このツモが来た時
GTRをいつも組んでいる人は
とにかくGTRを組みに行くと思います。

例えば

4-2.png

こうか
4-3.png

こう置くはずです。

しかし
このツモでGTRを組みに行くと
全消しは取れません。


なので
全消しを取る為にはGTRの形を捨てて

4-4.png

このように置きます。

ここから伸ばす形は2種類あります。
左折にするか
右折のするかです。

4-5.png

こうか

4-6.png

こうです。

左折は連鎖尾が同時消し型になるという問題。
右折は折り返しを遠くて隙が大きいという問題がありますが

どっちの形も全消しは取りやすいです。

その後のツモに合わせて
好きな方を組んでみてください。




最後に
6手目に赤ゾロが来た場合
についての話を少しします。

6手目に赤ゾロが来ても
その時点で左下にある赤2つ
埋まっていて消せません。

4-7.png

こういう状況です。
5手目に黄色
6列目に置いてしまうと
こうなります。
ネクネクを全く見ていないと陥る状況です。

こうならないためにも
ネクネクで赤ゾロが見えたら
5手目に2連鎖で黄色
消してしまいましょう。

そうすれば

4-8.png

こうなるので
全消しを取ることができます。














私の全消し講座は以上です。
GTRばかり組んでいる人が逃しそうな全消しは
だいたい載せることができたかなーと思います。

もし今後また
逃しそうな全消しを見つけたら
追加で書くかもしれません。

それではみなさん
全消しをガンガン取って行きましょう!










  1. 2015/01/20(火) 18:10:44|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初手AB BCを先折りGTRにする人用全消し講座 第三回

前回は6手目に青が来た時の特殊な例の説明をしました。

今回は黄色発火についての続きをやります。


2手目まで
GTR土台


ここで赤黄が来た時の置き方については
第一回で説明しました。

今回は3手目に赤ゾロが来た場合の置き方について説明します。


赤ゾロの置き方の前に
GTRの理想形について少し説明します。
折り返しをGTRにした際
目指すべき形は
理想1

理想2

だいたいこの2つです。

そして先ほどのタイミングで赤ゾロが来た場合
GTRを組みなれている人はたいてい2つ目の形を目指します。


どういうことかと言うと
理想2-2

これを目指してしまうのです。

これを目指した場合
3手目を置いた後の形は
赤ゾロの置き方1-2

こうなります。
こうなるとこの後赤が2個以上こないと
全消しにならないので非常につらいです。

また、ちぎりを嫌って
赤ゾロの置き方2

こう置く場合もありますが
こう置いた場合、この後黄色と赤が来て
真ん中から消す形にしないと
3連鎖以内の全消しにはできません。

どちらも赤がこの後こなかったらアウトです。

なのであの場面での赤ゾロ
縦に置いてこうしましょう。
赤ゾロの置き方縦

こうすることで黄色発火からの全消しが狙えます。
赤ゾロ最後の黄色発火

ネクネクを見て4色目が来そうであれば
ミスケンGTR http://www26.atwiki.jp/puyowords/pages/77.html
で頑張りましょう。

右折り返しにするという手もあります。
右折連鎖尾

右折連鎖尾同時消し




今回はここまでです。
黄色発火全消しはできない人がけっこういるので
これができるかできないかで差がつけることができます。

しっかり身に付けて頑張りましょう。









  1. 2014/12/04(木) 00:10:18|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぽむむの連鎖尾講座第四回! ~雪崩 その3~

こんばんは、ぽむむです!
目次です→目次
さて早速ですが、前回(第三回)と今回の更新日を見比べてみましょう!

2014/07/15(火) 2014/09/12(金)

・・・・・・。
危うくまるまる2ヶ月間放置するところでした・・・。いやもうほとんど2ヶ月ですが・・・。
まあこれまでのペースを見ていただけていればお察しかとは思いますが、超スローペースな更新となっております。
気分屋なので気長に待っていただければなーと思います。

というわけで、第四回の講座の方へ移りたいと思います!とその前に・・・
前回までのおさらい!
・雪崩を組むときは、基本は4つづ&3列で、端から2-1-1
1-2-11-1-23-1なども、同じ形を連続で入れることで順番につながる!
・1つ別の色を挟んで同じ色を使うときは暴発しやすいので注意!
連座尾講座3-1連鎖尾講座3-11連鎖尾講座3-4

今回は、前回で予告したとおり、2-1-11-2-11-1-2を組み合わせるとどのようになるか、ということについてやっていきます。
2つでの組合せはたった9通り(うち3通りは同じものの連続で、すでに説明済み)なので、図で見てしまったほうが早いかと思います!
あ、そういえば前回から説明に使う図を変えたのですが、その図を作れるサイトのURLを貼り忘れていたので貼っておきます。
ぷよシミュレータ→http://ips.karou.jp/simu/pe.html

連鎖尾講座4-4
連続のもの(2-1-1と2-1-1など)は省きました。
図を見ると、同時消しになるものと順番に消えていくものがあります。そして、同時消しになるものは上の形が1-2-1となっています
つまり、この3種類のみで雪崩を組むときに1-2-1を使う場合、下の形も1-2-1でない限りはどこかのタイミングで同時消しになるということです!
逆に、同時消しを回避したいときは2-1-1や1-1-2を使うと良いです(こっちの方が大事かもしれないです)。
2-1-1と1-1-2のみで雪崩を組んだ場合、雪崩が始まるときに暴発しなければ全て順番につながってくれます。
左図/中央図/右図
連鎖尾講座4-8

ここで、同時消しについてもうちょっと見ていこうと思います。
2つの形の組合せで同時消しになるのは、次の図の2通りでした。
連鎖尾講座4-9
これはダブルの同時消しです。
ここにもう1つ付け加えてトリプルにしてみましょう!
連鎖尾講座4-10
図のように、下の2つで使っていないもう1種類の形を上に加えることで、ダブルからトリプルにすることが出来ます。
さらに、上が平らになるのでどれでももう1つ加えればクアドラプルに!
左図/中央図/右図
連鎖尾講座4-14


ここまでの説明で、3種類の形を組み合わせることでどうなるのかについて何となく分かってもらえたかと思います。
ここからは、それらの形をどう組み合わせて組めば良いのか、ということについて考えていきたい・・・と思ったのですが、そろそろ読み疲れてきただろうと思うので!(僕が書き疲れました)今回はここまでにして、第五回に託します!

今回のまとめ!
2-1-11-2-11-1-2の3種類の2つづつの組合せについて、2-1-1または1-1-2の上1-2-1を置くことで同時消しになるよ!
2-1-11-1-2のみで雪崩を組めば、基本的には順番につながるよ!
2-1-1と1-2-1での同時消しの上には1-1-2、というように、ダブルの上に下の2つで使ってない形(3種類目)をさらに置くことでトリプルにすることが出来るよ!

ポイントは、1-2-1が絡むことで同時消しになるということです!
文章でごちゃごちゃ書いてはいますが、図を見て理解できればそれで問題ないと思います!

というわけで、第四回の講座はこれで終わりです。
気が向いたら第五回を書いていこうと思います。
ここまで読んでくださってありがとうございます!
それでは!
  1. 2014/09/12(金) 01:56:43|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初手AB BCを先折りGTRにする人用全消し講座第二回

前回は青発火全消しと黄発火全消しについての説明をしました。

青発火について
前回特に考えなくても大丈夫と言いましたが
ちょっと訂正します。

3、4手目共に青が来なくて6手目が青ゾロの全消しは難しいです。

2列目の赤の上に乗せる青がいつまでも来ないと辛い形になります。

2手目まで
GTR土台


例えば
3手目に赤黄、4手目に赤黄が来たとします。
赤黄

こんな形に組むと思います。
そして
5手目が青黄6手目が青青だった場合
普通にGTRを組むと

6手目に青青

このような状況になります。
実戦でこうなると何故全消しが取れなかったか分からないと思います。

全消しを取るためには
5手目で二連鎖する必要があるのです。

そうすることで
最後青単発発火で全消しになります。
最後の青単発

折り返しの色が全然来ない時は気を付けましょう。


それでは次回はまた黄発火全消しの続きです。

  1. 2014/09/01(月) 21:42:14|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

金大ぷよサー

Author:金大ぷよサー
Twitter:@kupuyo
E-mail:kupuyo@yahoo.co.jp
ニコ生:co1334183

次回対戦会の日時と場所は
最新の対戦会記に書かれています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
対戦会記 (153)
その他 (30)
研究 (11)
TopPage (1)
リーグ戦 (22)
メンバー紹介 (1)
メンバー用ページ (2)

カウンター

累計訪問者数

現在の閲覧者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。