金沢大学ぷよぷよサークル

金沢大学ぷよぷよサークルのブログです。 参加方法、対戦会などの情報を掲載しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪崩 ~実戦で使える3列連鎖尾~

こんにちは、サークル員のTobyです。
今回は、僕が一番大好きな雪崩連鎖尾についてご紹介します!
 


雪崩は3列連鎖尾の中で最も使われている連鎖尾だと思います。ここでは、左上のような形を雪崩の基本形と呼ぶことにします。
雪崩は端から2-1-1とぷよを設置することで次々と消えていく連鎖尾です。雪崩についてもっと詳しく知りたい方はぷよさーのOBであるぽむむさんが以前ブログ内で書かれた記事をごらんください!(→ぷよぷよ講座)そのため端の列が高くなりやすい=第二折りが組みやすいというメリットがあります。
上の図を見ると分かるように雪崩を入れすぎると端がどんどん高くなって組みづらくなるため、基本的には雪崩の連鎖尾は右上図の黄色のL字くらい(基本形+1)までに抑えておくとよいでしょう。

~逆発火~
  

 雪崩は連鎖尾の上部が3連結で露出するため、逆発火を簡単に狙うことができます。対応手や追い打ちの材料や緊急発火など、使用する場面はとても多いので、慣れてきたら逆発火も意識するとよいと思います。

~雪崩応用~


雪崩のL字の3連結を利用して、連鎖尾をそのまま第2折り返しとして使用することもできます。第二折りを隙をあまり作らずに作れるため、積極的に狙っていきましょう。

 


普通の雪崩に慣れてきたら上図のような応用形も使えるようにしておくと強いと思います。
コツは段差ずれが起こる消え方をさせる場所を意識することと、段差ずれが起きた後の形を意識しながら積むことだと思います。

~伸ばし~
雪崩は段差ずれが非常に見やすいため、連鎖尾伸ばしのしやすさも抜群です。ポイントは一段ずれるような形で端の2列に縦3や縦2を積むことです。消えるときに、一段下がるのは基本形の場合は端から2列目です。一方基本形+1の場合は一番端の列が一段下がります
混同しやすいので絶対に覚えておきましょう。
   

以上雪崩連鎖尾の紹介でした!
スポンサーサイト
  1. 2016/05/07(土) 19:24:44|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016年5月リーグ戦 | ホーム | 5/6対戦会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kupuyo.blog.fc2.com/tb.php/172-5e68e270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

金大ぷよサー

Author:金大ぷよサー
Twitter:@kupuyo
E-mail:kupuyo@yahoo.co.jp
ニコ生:co1334183

次回対戦会の日時と場所は
最新の対戦会記に書かれています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
対戦会記 (153)
その他 (30)
研究 (11)
TopPage (1)
リーグ戦 (22)
メンバー紹介 (1)
メンバー用ページ (2)

カウンター

累計訪問者数

現在の閲覧者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。