FC2ブログ

金沢大学ぷよぷよサークル

金沢大学ぷよぷよサークルのブログです。 参加方法、対戦会などの情報を掲載しています。

初手AB BCを先折りGTRにする人用全消し講座第一回

よく先折りGTRを組んでいて
取れたハズの6手3連鎖全消しが取れない。

そんな経験があると思います。

そんな人の為にここで全消しの取り方について説明していきます。

まずこの画像を見て下さい。
GTR土台

AB BCを置いたGTRの基礎となる土台ですね。

ここで全消しを取る上で重要ポイントが
発火色です。

青色が発火色。
つまり6手目に青が来ている場合
おそらく何も考えなくても全消しが取れるので何も考える必要はないのですが

問題は発火色が
黄色か赤色の場合です。

赤色が最後に来る場合に関しては
おそらく3連鎖全消しは無理です。
取るためには2列目の赤の上に赤が存在する必要がありますが

GTRを狙って組んでいる以上そこに赤は置かないです。
この場合2連鎖1連鎖か1連鎖2連鎖を狙っていきます。
ちょっと難しいので後の方で詳しく書きます。


次に黄色発火についてですが
こっちは3連鎖全消しを取ることは可能です。
しかし
黄色発火の全消しを狙う場合
GTRの形をあきらめることが必要な場合がいくつかあります。

次の図を見て下さい。
黄色発火の問題

これは青ゾロと赤黄を置いた図です。
ちぎりたくない置き方をすると黄色がこの位置になり
GTRの形的にはこの場所にあってもいいのですが

最後に黄色が来る黄色発火で全消しの場合
この黄色の位置はまずいです
この次のツモが黄青の時など
非常に困ります
5つ目の黄色が来ることを祈ることになります。

なので
ネクネクまで見て怪しそうなら
黄色正しい位置

こうです。

次に青ツモが来た時の置き方ですが
いつもの調子で2列目に置いてはいけません。
5つ目の青を待つことになります。

ここは3列目のどこかに置きます。
そうすれば黄色発火の後だいたい繋がってくれます。


良い例


駄目な例
悪い例





今回はここまでです。
今回はあまりGTRの形が崩れませんでしたが
次回は大きく崩れる形を紹介したいと思います。


  1. 2014/08/13(水) 00:56:17|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

対戦会反省会

ぷよサーメンバーの実力向上のため、対戦会で気付いたことや
他の人に教えておきたいことなどを書き、知識を共有するページです。
何か書きたいことがあれば各自自由に更新していってください。


・雪崩と合体両方を考える
ぷよサー1 ぷよサー2
左の図のようなよくある雪崩の連鎖尾を組む時、
この青の上に黄を2つ置くとしたら1,2列目に置くと良い。
更に雪崩にして連鎖尾を強化することもできる上、合体にも使いやすい。
(一応黄を1列目に2つ置く手もあり、黄ゾロが来た時すぐに雪崩を入れられるメリットが有る)
特に右の図のような形を組むと連鎖尾と合体用の第ニ折り返しを兼用できて非常に強い。

・逆折りも意識する
左折GTRをを組もうとしているが・・・緑がなかなか来ないときは右折りに組み換え!
左図のように、左折GTRを組もうとしたもののなかなか挟んだぷよ(この場合は緑)が来ない場合は、
例えば右のように組みかえれば、右折りの連鎖にできる。
このように積んでいた場合でも・・・このようにして右折りにできる!
また、こちらの左図のように先に連鎖を繋げるようにして置いていた場合は、
右図のように5連結にすれば、右折りの連鎖にすることができる。
特にこの場合は左折りも生き残るため、対応力の高い土台ができあがる。

・止めた本線を組み換えで繋げる
サークル3 サークル4
常に本線一本だけだとすぐに本線を先打ちさせられてしまうので、
左の図のように黄を2列目に置きダブルにして止めることで副砲を作ることがあるが、
この後本線を打つ時には一旦黄を消してからの発火以外にも
右の図のように組み換えをして一気に本線を作り上げることも考えられると良い。
2列目の黄を置く前に、いざという時組み換えられるかを判断できるとベスト。

・AA BC(BC AA)からのくま積みの手順
反省会2
AA BC ABのとき、2手目はBを上にして縦置き。(画像上)
こうすると二択伸ばしを維持できる。
さらに3手目を縦置きすると先折りの形(底上げ男色等)が狙える。(次に赤青が来ていたらやめたほうが良い?)
AA BC BDのとき、2手目はBを下にして縦置き。(画像下)
これも二択伸ばしを維持できている形。

・GTRより座布団L字
反省会3
黄を上にしてGTRを狙うより座布団L字にしたほうが自由度が高い。
(座布団L字だと5列目だけでなく6列目からも黄を繋げられる上、この形なら弥生時代も狙える)

・折り返し完成前に3連結を近くに作らない
反省会1
この黄を3連結にしてしまうと折り返しがかなり苦しくなる。
特に赤黄のハチイチを生かせなくなるのが辛い。
折り返しの近くでは2連結まででとどめておく。

・3段目の青の位置
反省会4
3段目の青を2列目に置くと雪崩などを綺麗に入れられて後折りだけを狙うなら良い形だが(画像上)
青を3列目に置くと先折りが簡単に作れる。連鎖尾も入れにくいというほどではない。(画像下)

  1. 2014/07/22(火) 00:00:00|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぽむむの連鎖尾講座第三回! ~雪崩 その2~

こんばんは、ぽむむです!
前回からずいぶんと日が空いてしまいました・・・

前回の内容はこちら→第二回
続き→第四回
それと、目次を作りました!→目次


さて、今回は第二回から引き続き、雪崩の話となります。
ここで、前回の内容について軽くおさらいしておきましょう!

あ、今回から説明で使うぷよシミュレータをこちらに変えようと思います。
理由は、画像が軽いからと、画像を作るのが楽だからです(完全に書く側の都合ですがご了承ください)。
こちらのシミュもいろいろな機能があるので、練習とかで使ってみるといいのではないかと思います!

というわけで・・・
前回のおさらい!
第二回は、雪崩を組むときは、基本は4つづつ&3列で、端から2-1-1で組もうぜ!という話と、2-1-1、1-2-1、1-1-2のどの場合でも、同じ形で続けて組めば順番に入るぜ!という話でした。
(前回は2、1、1というような表記をしていましたが、2-1-1のように変えました。今後はこれでいこうと思います。)
連座尾講座3-1連鎖尾講座3-2連鎖尾講座3-3


何となく思い出していただけたでしょうか?
第三回では、この内容を踏まえて、前回ちらっと書いた同時消し云々について書いていこうと思います!

さっそくですが、謝らなくてはならないことがあります。
上のおさらいにもありますが、前回の記事で同じ形を続けて組めば順番に入るということを言いました。
ですが、あれは間違いです!すみません!
もうちょっとちゃんというと、ある場合において同時消しによる暴発が起きてしまうのです。

とりあえず次の図を見てください。
連鎖尾講座3-4

一見ちゃんと消えそうに見えます。しかし、実際に連鎖をしようとすると・・・
連鎖尾講座3-5

左(縦の2つ組)の、下から2組目の緑と、右(横の2つ組)の、下から4組目の緑が繋がってしまい、同時消しになってしまいました!
今太字で強調しましたが、この何組目というのが重要で、具体的に言うと、2組目と4組目3組目と5・6組目4組目と6組目が同じ色になると、2-1-1のみで組んでいたとしても暴発してしまうのです!

他の場合を見てみましょう。
連鎖尾講座3-6連鎖尾講座3-7

左の方は2組目と4組目の赤が、右の方は3組目と6組目の黄が暴発します。特に右の方は分かりやすいかと思います。

何組目と何組目・・・とか覚えるのは面倒かと思います。ただ図を見て思うかもしれませんが、5組目とか6組目とかそんなに高く組むことは多分あんまりないです。
なので、一つ挟んで同じ色を使ったとき(2と4、3と5)、ただし例外として1組目と3組目はちゃんとつながる、と考えると覚えやすいと思います!
特に、一番初めの例のように二色で雪崩を入れるときに起きやすいので、それも注意しておくといいと思います。

まあ、実際に何度も組んでいれば、ここ暴発するなーってのが感覚で分かってくると思うのでそこまで覚えようとすることでもないです。
あと、この暴発では一応全部消えてはくれるので、組んでしまったら無理に修正しないほうがいいのかもしれません。

1-2-1の繰り返しの場合についても少し触れておきます(1-1-2は、2-1-1を逆にしただけなので省略します)。
連鎖尾講座3-15連鎖尾講座3-13連鎖尾講座3-14

左の図で、3組目と5組目の青が暴発しています。
真ん中と右の図は、少し分かりにくいと思いますが無理やり1-2-1を並べたものです。
このように、1-2-1の繰り返しの場合は3組目辺りからそもそもおくことが出来ない、という場合が多いです。


どういうとき暴発するのかが分かったところで、それを回避する方法を見ていきましょう!
といっても、暴発するところにぷよを置かなければいい、という話になるのですが、一つだけ注目したい点があるのでそれを説明します。
連鎖尾講座3-8

少し分かりづらいですが、赤の周りの黄を下から1組目と考えてください。
図でおじゃまぷよ(透明なぷよ)がある位置に緑を置いてしまうと、2、4組目で暴発してしまいます。
かといって、上に積んだ緑を使わないのはなんだかもったいないです。
ここで登場するのが3-1です!
連鎖尾講座3-9連鎖尾講座3-10

(右の図のおじゃまぷよは、前の図でおじゃまぷよがあった位置を示しています。)
このように、端を3つにすることで、暴発せずに緑を連鎖に含めることが出来ます!
右の図で緑がつながってしまっていますが、1つだけなら消えずにそのまま連鎖が進みます。


順番が逆転している気もしますが、ここで3-1について少し見ておきます。
連鎖尾講座3-11連鎖尾講座3-12

左の図のように、2-1-1の次に入れることが出来ます。
2-1-1などと同じく、3-1の形を続けて入れることで順番につながってくれます。
さっきは暴発回避のために登場した3-1ですが、縦に3つもつながっているだけあって同時消しになりやすいです(右の図では、緑の後に黄、青、赤の全てが同時に消えます)。

他の形との組み合わせについては別の回で書こうと思います。


第三回はここまでにしておきます!
本当は、前回で別の回にまわそうといっていた、2-1-1、1-2-1、1-1-2の組み合わせについてを第三回で書こうと思っていたのですが、第二回を見直していて暴発のことに気づき、先にこっちを書いたほうがいいなーということでこのような内容になりました。次回に、第二回の最後にいっていたものを書こうと思います(もし前回の記事で考えてくれていた方がいたら、もう少しだけお待ちください!)。

今回のまとめ!
2-1-1の繰り返しの雪崩で同じ色を使うときは、一つ挟んで同じ色を置くと暴発する!
特に二色で組んだときの2組目と4組目に注意!
ただし下から1組目と3組目は大丈夫!
3-1を使うことで同じ色を使ってもつなげられることがあるよ!

というわけで、第三回の連鎖尾講座を終わります!
今回は、第二回の補足みたいな感じでした。
ここまで読んでくれてありがとうございます!
それでは~!
  1. 2014/07/15(火) 00:20:31|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぽむむの連鎖尾講座第二回! ~雪崩~

こんばんは、ぽむむです!
さて、みなさんお待ちかねの~?
第二回、連鎖尾講座ー!わーパチパチ!(待ってないとか言っちゃだめです)

第一回 / 第三回
目次

二回目にしていきなり言うのもあれですが、連鎖尾講座じゃなくて、ふつうにぷよ講座ってすればよかったかなーと思いました。
第一回で、連鎖尾ぐらいしか書けることないみたいなことを言っていたのですが、前々からこんな感じで講座的なのを書きたいなーと思っていたのもあり、結構連鎖尾以外でも書きたいことがあったのです。
ただ今更タイトル変えるのもあれなので、タイトルはこのままで、連鎖尾の話がちょっと多いぷよぷよの講座的なもの、くらいに思っておいてください!
何かタイトル詐欺っぽくなってしまいますがお許しを!

今回は、講座の方に入る前にサークル員のじゅうぐさんとpocaris君が書いているブログの方を紹介したいと思います!
じゅうぐさんのブログ→http://ch.nicovideo.jp/jug
pocaris君のブログ→http://ch.nicovideo.jp/pocaris/blomaga
どちらもniconicoのブロマガです。よければこちらの方も見てみてください!

というわけで、講座の方へ移りたいと思います!
第二回は、連鎖尾の基本の一つである雪崩(なだれ)について書いていこうと思います!
そういえば前回は載せませんでしたが、説明で使っている画像はこのサイトで作ったものを載せてます。
ぷよぷよの練習などで使ってみるといいかと思います!

まず、雪崩とはどういうものなのか、いくつか例を挙げてみます。
(ボタンを押して連鎖の様子を見ることが出来ます)


このように、下の方で消えて、上から落ちてきて、また下の方で消えて・・・と繰り返していく連鎖を雪崩と呼びます。
(3列以上にまたがって消える場合に呼ばれることが多い気がします)
見た目は分かりやすいので形自体はすぐに覚えられるかと思います。
この雪崩という形について詳しく見ていこうと思います!

基本は4つづつで、3列で消すことを考えていきましょう。

少し話がそれますが、ぷよを始めたばかりの人にとって、この3列で消すというのが一つの壁になるんじゃないかなーと思います。どうしても最初はきれいに組もうとすると鉤っぽい、あるいは階段っぽい、2列での連鎖がほとんどになると思います。3列使えるようになると連鎖の幅がぐーんと広がります。雪崩は3列使う連鎖でも結構分かりやすい部類になると思うので、初心者の方は練習してみる価値があるんじゃないかと思います!
(この辺の話はまた別の回で詳しく説明するかもしれないです。あと、こういう風にいちいち話を挟んだりそれた話をしたりして文が長くなりがちなので、めんどくさっと思う方はすっ飛ばしちゃってください!)
話を戻します。

まず、最初に紹介した形について見てみましょう。
連鎖尾講座2-1
黄、緑、青の部分が雪崩です。雪崩が始まる一つ前の赤の部分に当たる形はいろいろあります。ここでもいくつか例として紹介はしますが、ぜひ自分でも考えてみてください!
ここでは主に雪崩の部分に絞って説明します。
連鎖尾講座2-2連鎖尾講座2-3連鎖尾講座2-4
順番に消えていく様子です。この形の場合、3つとも同じように左の列から2つ、1つ、1つというようになっています。基本は、このように端っこから2、1、1と入れていきましょう!
理由としては、端を低くしてしまうと組みにくくなるというのと、同時消しを避けやすいというのがあります。同時消しに関してはあえて狙った方がいいこともありますが、最初は順番に消していくことを考えた方がいいです(雪崩での同時消し云々については別の回で説明する予定です)。

別の形も見てみましょう。
連鎖尾講座2-5連鎖尾講座2-6連鎖尾講座2-7
3つとも雪崩の部分に関してはさっきの形と同じく、端っこから2、1、1となっています。基本はこれです!

さて、基本の2、1、1覚えたところで、他の場合はどうなるのか考えてみましょう。
4つづつ、3列を前提とすれば・・・あとは1、2、11、1、2の二通りですね!
連鎖尾講座2-8連鎖尾講座2-9
連鎖尾講座2-10連鎖尾講座2-11
上二つは1、2、1、下二つは1、1、2です。
上の方から見ていきます。端っこに穴が出来て、とがってしまっています。ツンツンしてます。べ、別に連鎖が繋がってないわけじゃないんだからねっ!
ツンツンしてると何がまずいかというと、端っこの列が連鎖に組み込みにくくなってしまうのです。ちぎろうと思ったら段差が大きくて時間もかかりますし、このまま更にとがらせると、そもそも端っこに置けなくなってしまいます。
下の方はどうでしょう?こちらもツンツンしています。それに、図の場合3列目が高くなってしまっているので、少しのおじゃまぷよですぐに詰まってしまいますね。

連鎖尾講座2-12連鎖尾講座2-13

けれど、どちらもちゃんと順番に消えていきます。このように、同じ消え方になるように下から順に置いていけば、同時消しになることなく順番に消えてくれるのです!
(雪崩の前の連鎖や、上に置いた別のぷよによって、暴発したり巻き込んだりして繋がらないことはあります)
後の二つについては、最初から狙って組むのはあまり好ましくはないですが、とっさの伸ばしや置きミスしたときのリカバリーなどでは必要になることもあるので、覚えておくべきです。

さて、ここまで来たら後はこの三つを組み合わせて・・・と行きたいところですが、そろそろ見るのも飽きてきたでしょうし、そんなに一度に言われても覚えられるかっ!ということもあります。なにより書くほうが疲れてきたので、この話は別の回にまわそうと思います!よかったらその回が来るまでにちょっと考えてみてください!

今回のまとめ!
雪崩は基本端っこから2、1、1!
ただ、1、2、11、1、2でも、繰り返しになるように置いていけば順番に消えるよ!

というわけで、第二回の連鎖尾講座を終わります!
今回も初心者、初級者向けの内容になったかなーと思います。
感想やアドバイスをいただけたらとても嬉しいです。
ここまで読んでくれてありがとうございます!!
それでは!
  1. 2014/06/05(木) 01:21:05|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぽむむの連鎖尾講座第一回! ~階段っぽい連鎖での連鎖尾の入れ方~

こんばんは、ぽむむです!
せっかくのブログが活動報告ばっかりだと面白くないなーということで、こんなものを考えてみました!

ぽむむの連鎖尾講座!

わざわざ強調する意味があったのか微妙ですが、まあそれっぽいタイトルをつけてみました!名前も入れて、あわよくば売名・・・
語呂がいいので講座ってつけましたが、たいして上手いわけでもなく、かろうじて連鎖尾についてなら何か書けるだろう・・・という程度なので、普通に連鎖尾組めるぜっ!という方には参考にはならないかもしれません。
主に、それなりに連鎖は組めるんだけど、連鎖尾がなかなか上手く組めない・・・という方向けの記事になると思います!

前置きはそこそこにして、講座の方へ!


第一回は、階段っぽい形の連鎖尾をきれいに入れる、ということについて書いていきたいと思います!
あ、ちなみに「連鎖尾」という用語についてですが、僕は連鎖の後ろのほうぐらいの認識なので、ここではそのつもりで読み進めてください。
他にもいろんな用語が出てきますが、ここではその説明は省かせてもらいます。

早速図を使って進めていきましょう!
連鎖尾講座1-1連鎖尾講座1-2連鎖尾講座1-3
この図は、結構見かける折り返しGTRからの2-2階段っぽいつなげ方に連鎖尾を入れたものです。
きれいに入っているように見えますが、青、緑が暴発しやすいですし、いい感じに色が来ないとなかなかこうは組めません。
連鎖尾講座1-4
大抵こんな感じで上手く色が来なくて緑までつなげるのが難しくなってしまいます。
ここから無理やり全部つなげることは出来ますが、今回はきれいに組むことがテーマなので、どうすればきれいになるか考えていきましょう!

ここでのポイントは、1枚目→2枚目の、青緑の置き方です。
連鎖尾講座1-5連鎖尾講座1-8
このように、先に緑で青を挟み込むのではなく、青を2つ縦につなげて置くときれいになります。
黄色まで消えた後の残った形を見ると分かりやすいと思います。
連鎖尾講座1-6連鎖尾講座1-7
ここでもう一つ注目してほしいのは、緑が横にそろっているということです。
見た目もきれいですし、緑がそろうことで青の上に緑が2つあれば連鎖がつながるというのが簡単に分かると思います。
さらに、黄色の上にもう一つ緑を置くことで横に3つそろえることで、緑→青がつなげやすくなります(暴発のリスクはあがりますが・・・)
連鎖尾講座1-9

つなげるとかそろえるとか言ってますが、要は同じ色同士をくっつけて、あるいは、消えた後にくっつくように置こうということです!
階段っぽい連鎖の場合は、縦につなげて置いて(消える前)、消えた後の形が横にそろうようにすると上手くいきやすいです。
優先するのは縦につなげるほうです。

別の例を見てみましょう。
連鎖尾講座1-10
最初の例では黄色まで組めていましたが、ここでは赤までしか出来ていません。これをきれいにまとめるにはどうすればいいでしょう?
連鎖尾講座1-11
これは最初のときと同じく赤→黄とつなげようとした場合です。つなげられないことはないですが、黄色が消えちゃいそうで危なっかしいです。
連鎖尾講座1-12連鎖尾講座1-17
というわけで、赤→緑とつなげてみました。黄色はもともと2つそろっていましたし、緑の次も赤を縦につなげることで上手くつながりそうです!黄色が先にたくさん来たら、折り返しに使ったほうがよさそうです。
連鎖尾講座1-13連鎖尾講座1-14
赤までつなげました。この場合だと、赤を青で挟み込んでいるので、青を一つ足せばもう一連鎖、黄色を足すことで更にもう一連鎖増やすことが出来ます。

最初の例のときもそうでしたが、この図の5、6列目の赤青のように、階段の下にいくつか別の色を置いて、上と下で挟むようにするとつなげることが出来ます。

連鎖尾に限ったことではないのですが、階段について、上3つ下1つは避けた方がいいです。最初は上2つ下2つ、または上1つ下3つを目指しましょう。
連鎖尾講座1-15連鎖尾講座1-16


思うままに書いていったのですが、連鎖尾の講座というより、土台の講座っぽくなってしまった気がしますね・・・
途中から趣旨が変わっているような気も・・・
こういうのを書くのは初めてなので、突っ込みどころが満載だとは思いますが、出来るだけ思ったことを分かりやすいように書いたつもりです!

最後に一つ思ってることを言っておきます。連鎖の形、土台について調べると、有名な形やきれいな形がたくさん出てきます。そういうものを全く同じように組むのではなく、ちょっと自分なりにアレンジして組んでみると、面白いと思いますし、上達も早くなるんじゃないかと思います!自分で考えるというのは大事だと思います!その上で、他の人と同じになるのはいいんじゃないかと思います。

と、謎のまとめ方をしたところで、今回は終わります。
第一回は初心者や初級者向けの内容になりました。
また気が向いたら第二回を書こうと思います(第二回はこちら/目次)。
ここまで読んでくれてありがとうございます!!
それでは!
  1. 2014/05/20(火) 01:11:57|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

金大ぷよサー

Author:金大ぷよサー
Twitter:@kupuyo
E-mail:kupuyo@yahoo.co.jp
ニコ生:co1334183

次回対戦会の日時と場所は
最新の対戦会記に書かれています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
対戦会記 (203)
その他 (30)
研究 (11)
TopPage (1)
リーグ戦 (22)
メンバー紹介 (1)
メンバー用ページ (2)

カウンター

累計訪問者数

現在の閲覧者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR